サポート - ソリッドのタイプについて

ソリッドの新規コンポーネントの作成時や、ボス/カット/分割を使用する際、作成するソリッドのタイプを選択することができます。

ダイアログのタイプタブをクリックすると、この形状として、ソリッド、シェル、シート、サーフェスが選択できます。
選択されたオプションによって、ダイアログ上の青線で表されるイメージが変わります。

形状のオプションによってどのように変化するかの例をご覧ください。
(実際に操作して試される場合は、プレビューボタンを使用すると便利です。)

正方形の輪郭を押し出しする場合

ソリッド 通常のソリッドボディで、中身が詰まった状態になります。
 

シェル 指定した厚みで中空になります。輪郭のある平面は開いた状態となります。(図は上方向の押し出しです。底面が開いていますので、ダイアログ上のイメージと陰線にご注目ください。) ここで作成されるのは簡易的なシェルで、別の「シェルフィーチャー」コマンドの方がより柔軟に作成できます。
 

シート 指定した厚みで、輪郭がそのまま押し出されます。
 

サーフェス 厚さが0のサーフェスです。これは通常、ソリッドボディとは呼ばれません。ブーリアン演算と併用したソリッドの分割などに利用すると便利です。
 

なお、閉じていない輪郭の場合は、シートかサーフェスのみが利用可能となります。ソリッドを作成したいにもかかわらず、この2つのオプションしか選択できない場合は、プロファイルの分析を使用して、輪郭の状態を確認してください。

 

オフセット方向 

形状にシェルまたはシートが選択された場合に利用可能です。シェルの場合は内と外が、シートの場合はすべてのオプションが利用可能です。これは、輪郭線が形状のどちら側を表しているかを選択するものです。シートで距離を選択した場合は、内側と外側でそれぞれの厚みを指定できます。

 

キャップ

シートを選択した場合に有効になります。スタートとエンドのチェックボックスで、シートの開いている部分のいずれか、または両方を埋めることができます。エンドのみにキャップをした場合は、シェルと同等になります。

 

参照項目

 

戻る

 

タグ: スタイル 形状 サーフェス