サポート - ねじ部分のレンダリング

Part Modelerで作成したフェイスねじフィーチャーにねじのイメージのレンダリングを行ない、ねじの箇所をわかりやすく表示することができます。

3D CAD レンダリング

これを使用するには、ツールメニュー → オプション → システムを選択し、シェーディングタブ上の「レンダリングを有効にする」にチェックをつけてください。

注: Part Modeler 2012 R2では、タップ穴のレンダリングもサポートしました。 また、上記の「レンダリングを有効にする」のチャックが行なわれない場合、簡易的な表示となるように変更されました。

3D CAD レンダリングを有効にする

万一、コンピューターの仕様に関連して表示上の問題が発生する場合は、このチェックは外して使用してください。

このレンダリング表示は、Part Modeler内だけで有効です。モデルを他のCAD形式で出力した場合などは、この表示は行なわれません。

 

レンダリングの例は、下記の動画をご覧ください。

 

戻る

 

対応バージョン: Part Modeler 2012 R1以降

タグ: レンダリング テクスチャ シェーディング フェイスねじ ねじ タップ