サポート - モデルを再構築する

モデルを最新の状態に反映するには、再構築アイコンをクリックします。

これは、既に作成したプロシージャのスケッチの変更などを、即座に反映させるために使用します。通常の操作では、自動的に再構築します。

下記の例では、再構築時にエラーとなっています。下記の例では、スケッチ上に正方形のプロファイルを作成し、これをソリッドとして押し出しました。しかし、作成後に、このスケッチの一部を削除して、閉じたソリッド形状が成立しないような誤った編集を行なったためです。

このような状態で再構築すると、関連するコンポーネントやプロシージャのアイコン上に「!」マークがついて、どこに問題があるかを示すヒントとなります。 このスケッチを修正して、再度、再構築アイコンをクリックすると、正しく再構築されます。

また、スケッチを編集した直後などに保存すると、「構築されていないモデルを保存しようとしているため、後のバージョンでファイルを読み込もうとする際に問題が生じる可能性があります。保存する前に再構築しますか?」と問い合わされます。

これは、モデルが最新の状態でないためです。ここで「はい」を選択すると、再構築アイコンをクリックしたときと同じ動作になります。「キャンセル」を選択すると、保存せずに元の画面に戻ります。編集内容などを確認した後に、手動で再構築してから、このような問い合わせ無しに、保存ができます。

 

戻る

 

 

タグ: 再構成 構築 保存 更新 アイコン びっくりマーク エクスクラメーション 表示