サポート - インポートしたモデルを編集する

他のCAD形式のファイルをインポートして、このモデルを編集する場合の方法をご紹介します。

他のCAD形式のモデルは、通常の方法でファイルを開くことによって開くことができます。また、挿入メニューを使用して、作業中のドキュメントに挿入することもできます。挿入の場合は、挿入位置を決定することも可能です。

インポートされたモデルは、コンポーネント単位で読み込まれます。これはつまり、ソリッドCADごとの作成履歴(フィーチャー)の無い状態で、ソリッドボディがひとつの塊として読み込まれます。

このようなモデルを編集するには、主に次の方法があります。

  • ソリッドモデルに直接フィレットやチャンファを追加する
  • ソリッドモデル上にスケッチを作成して、これを基にボスやポケット、穴を追加する
  • ソリッドモデルを構成するフェイスを削除して、ボスやポケット、穴、フィレット、チャンファなどを削除する
  • ソリッドモデルを構成するフェイスを移動または回転する * Part Modeler 2013 R2以降
  • ソリッドモデル上の穴を自動検出して、穴のサイズや形状をパラメトリックで編集する * Part Modeler 2013 R1以降

 

ソリッドモデルに直接フィレットやチャンファを追加する

フィレットなどのフィーチャーは、直接追加することができます。通常のフィレットコマンドやチャンファコマンドを使用してください。

 

ソリッドモデル上にスケッチを作成してフィーチャーを追加する

インポートされたソリッドモデルの平面をクリックするなどして作業平面を追加し、その上でスケッチを作成できます。このスケッチを基にして押し出しなどを行なうことによって、モデルを編集できます。

インポートされたソリッドモデルのエッジなどを使用したい場合は、作業平面を作成した上で、エッジの抜き出しコマンドを使用して、スケッチの基となる2D図形を抽出できます。この抽出した図形には、通常の2D要素とまったく同様にオフセットやトリムなどの編集や、直線・円弧などの追加作図を行なうことができます。

なお、エッジの抜き出しコマンドによる図形の抽出は、2D平面への投影となります。つまり、ソリッドモデル上の選択するエッジは、必ずしも作業平面と同じ高さである必要はありません。
しかしながら、例えば円筒面上の作業平面において、円筒面上に巻きついたエッジを抽出する際も投影となりますので、この点はご注意ください。

基本的な操作を、動画でもご確認いただけます。

 
 

ソリッドモデルのフェイスを削除する

 

ソリッドモデルを構成するフェイスを削除して、ボスやポケット、穴、フィレット、チャンファなどを削除することができます。
フェイスの削除コマンドを使用してください。(3D構築メニュー → オペレーション) * Part Modeler 2012 R2以降

基本的な操作は動画でご覧ください。

 
 
Part Modeler 2013 R1では、フェイスの削除コマンドで複数フェイスのウィンドウ選択が可能です。
 
 
 

ソリッドモデルのフェイスを移動・回転する * Part Modeler 2013 R2以降

ソリッドモデルを構成するフェイスを移動または回転して、モデルを編集することができます。
フェイスの移動コマンドを使用してください。(3D構築メニュー → オペレーション) * Part Modeler 2013 R2以降

基本的な操作は動画でご覧ください。

 

 

ソリッドモデル上の穴を自動検出して編集する * Part Modeler 2013 R1以降

フィーチャー検出コマンド(3D構築メニュー)を使用することにより、ソリッドモデル上の穴を自動検出して、穴のサイズや形状をパラメトリックで編集することができます。
検出された穴はフィーチャーのツリーに追加され、通常の穴フィーチャーコマンドと同様の手順で、穴のサイズや形状を編集できます。

基本的な操作は動画でご覧ください。

 

検出された穴フィーチャーの下には、穴位置となる点がスケッチ上に作成されます。この点を拘束付けなどで移動して、穴位置を変更することも可能です。(Part Modeler 2013 R2以降)

 

戻る