サポート - ヘリカル溝フィーチャーの作成方法

円筒面の外径にヘリカル溝を作成できます。 螺旋をドライブラインとしてスウィープすることによってもヘリカル溝を作成できますが、フィーチャーを使用すると一般的なヘリカル溝を簡単に作成することができます。

3D CAD ヘリカル溝フィーチャー

円筒状のソリッドが作成されている状態で、ヘリカル溝3D CAD ヘリカル溝フィーチャー アイコン (3D構築メニュー → フィーチャー)を選択してください。 

3D CAD ソリッド フィーチャー ボタングループ

  1. 円筒フェイス上の溝を開始する側の端をクリックして選択してください。
  2. ダイアログのパラメータを設定して、OKボタンをクリックすると、ヘリカル溝フィーチャーが作成されます。

 

 3D CAD ヘリカル溝 フィーチャー ダイアログ

ダイアログのパラメータは下記のとおりです。

ヘリカル定義
開始オフセット: 選択した円筒の端から溝の開始点までの距離
開始角: 溝が開始される円筒上の角度
ピッチ: 溝の基となる螺旋のピッチ
ヘリカルの軸距離: ヘリカルの基となる螺旋の高さ
反時計回り: チェックを外すと時計回りの螺旋になります。
溝数: ヘリカル溝の数
角度オフセット: 溝数が複数の場合の溝のずれ角度
終了角: ピッチと軸距離、開始角から自動的に計算されます。
回転数: ピッチと軸距離から自動的に計算されます。

輪郭定義
断面形状: 角溝、R付き角溝、丸溝、V溝から選択してください。
溝深さ: 溝の径方向の深さ
溝幅(上部): 溝の上側の幅
溝幅(底部): 溝の底の幅 (V溝で有効)
コーナー半径: 溝の底につけるフィレット半径 (R付き角溝で有効)
底角度: V溝の上部と底部の溝幅から自動計算されます。
端点にフィレット付加: チェックすると溝の開始点と終了点がR形状となります。

開始点を閉じる・終了点を閉じる: チェックすると該当する側のヘリカルの端が一周する円弧となります。

 

操作の詳細は動画をご覧ください。

 

戻る

 

対応バージョン: Part Modeler 2012 R1以降

タグ: 螺旋 ヘリカル 溝 スロット シリンダ