サポート - 作成履歴を見る方法

ソリッドの完成後、または作成途中で、履歴を見ることができます。
サンプルファイルなど他の方が作成したファイルの作成方法や、過去に作成したモデルを見るのに有益です。

これには、モデルウィンドウを使用する方法とシーケンサーウィンドウを使用する方法の2つがあります。

 

モデルウィンドウを使用する方法

下記の図では、「コンポーネント-1」は、正方形の押し出しの後、その上に円柱のボスが作成され、さらにその上に座ぐり穴が作成されています。

 「コンポーネント-1」はその順番どおり、「押し出し-1」→「ボス/カット 押し出し-1」→「座ぐり穴」と並んでおり、作成された順番にツリー表示されています。また、それぞれの上で右クリックし、プロシージャの編集を選択すると、そこで行なわれた設定を見たり、編集したりすることができます。

さらに、それぞれの左側のプラス アイコンをクリックして、その下のプロファイルをクリックすると、そこで使用されたプロファイル(スケッチ)を確認することができます。(今度はマイナス アイコンをクリックすると元に戻ります。)

最後は、「プロセスストッパー-1」で終了していますので、ここで終了していることを意味しています。

また、この「プロセスストッパー-1」をドラッグアンドドロップで、「ボス/カット 押し出し-1」と「座ぐり穴」の間に移動すると、「座ぐり穴」を作成する以前の状態に戻すことができます。再度「プロセスストッパー-1」を元の位置に戻すと、最終の状態に戻ります。

さらに、「ボス/カット 押し出し-1」などのフィーチャー作成順序も、ドラッグアンドドロップで入れ替えることができます。ただし、上記の例では、「ボス/カット 押し出し-1」の上に「座ぐり穴」を移動しようとすると、エラーとなります。これは、「座ぐり穴」は「ボス/カット 押し出し-1」で作成された円柱の上面を基準に作成されたため、「ボス/カット 押し出し-1」が無い段階では、「座ぐり穴」は作成できず、矛盾が生じるためです。これは、矛盾の無いモデリングを行なうのに有益です。

 

 

シーケンサーウィンドウを使用する方法

別の方法として、シーケンサーを利用する方法もあります。

シーケンサーアイコンをクリックするか、表示メニュー → ツールバー → ウィンドウ  → シーケンサーにチェックを入れます。これにより、シーケンサーウィンドウ内に、各コンポーネント別に履歴が表示されます。

シーケンサーウィンドウ内に何も表示されない場合は、シーケンサーウィンドウを開いたままで、モデルをいったん閉じて、再度開いてみてください。

このシーケンサーウィンドウでは、複数のコンポーネントがある場合に、並列して作成履歴を見ることができることが便利な点です。
ここでも、行最上部(グレーの背景)にあるプロセスストッパーのアイコンなどをドラッグアンドドロップして、履歴を戻したり、進めたりすることができます。

 

戻る

 

タグ: 履歴 順番 順序 手順 作成履歴 作成順 作成順序 作成方法 作成手順