サポート - Part Modelerの起動方法

Part Modelerをインストールすると、デスクトップ上にショートカットアイコンが作成されますので、

このアイコンをダブルクリックしてください。

または、Windowsのスタートメニューから、すべてのプログラム→Planit→Part Modelerを選択してください。

 

戻る


体験版として使用する

Part Modelerのライセンスのご購入をご検討のお客様は、体験版としてご利用いただけます。

インストールプログラムやインストール方法には、製品版との違いはございません。

体験版として起動するには、インストール後にWindowsのタスクトレイにあるCLSアイコンの上で右クリックし

「ホームワークモード」にチェックしてから、デスクトップ上のショートカットアイコンをダブルクリックしてください。 

 

Windows 7, Vistaでの表示例

※「閉じる」をクリックすると、CLSが終了してしまいます。 

再び起動する場合は、Windowsの「スタート」メニュー → 「すべてのプログラム」 → 「スタートアップ」の「CLS 20**.**」をクリックしてください。

 

CLSアイコンが表示されていない場合は、下図赤丸内のアイコンをクリックして表示させてください。

 

 

Windows XPでの表示例

 

閉じるをクリックすると、CLSを終了しようとします。この際、「CLSを再起動しますか?」という問い合わせがありますので、はいをクリックして、CLSを再び起動してください。

CLSアイコンが表示されていない場合は、Windowsのタスクトレイのボタンをクリックし、タスクトレイを展開してCLSアイコンを表示してください。

 

ご確認事項:

  • 体験版は機能の評価を目的としたもので、業務ではご利用いただけません。
  • 体験版では、モデルの入出力や印刷などの機能が制限されています。
  • 体験版で保存したファイルは、製品版のPart Modelerとの互換性はございません。
    (教育機関様における授業または講習会などでの教材としての使用もこれに含みます。)

 

戻る