サポート - 2Dフィレットの作成のポイント

2Dフィレット作成において、要素が交差していないと2Dフィレットが作成できない場合があります。

要素は交わっている必要はありませんが、コーナーR部分の円弧に交わる程度の直線の長さは必要になります。

要素が短い場合は、トリムコマンドなどで鋭角コーナーを作成しておくか、要素を延長しておくと確実です。

  

戻る

 

関連項目

トリムの補助コマンド

トリムの方向

 

 

タグ: R付け R面取り まるめ 丸め