サポート - ドローイングで独自のテンプレートを作成する

独自のドローイング用のテンプレートを作成するには、通常の方法で新規のドローイングを作成した後、編集してから、テンプレートとして保存します。(この時に、基となるテンプレートとしてJISのテンプレートを選択してから、編集されることをお勧めします。)

新規のドローイングを作成すると、ツリーの下に選択したテンプレート名(下記の例では「A3_JIS」)が表示されますので、ここをクリックして選択すると、テンプレートとなる図枠を編集できます。

また、テンプレート名で右クリックをすると、メニューが表示されプロパティの編集を選択できます。このダイアログでは、デフォルトの寸法線表記などを変更できます。

編集が完了したら、ファイルメニューからテンプレートの保存を選択して、名前を付けて保存してください。
このテンプレートの変更は、現在のドローイングから有効になり、次回新規でドローイングを作成する際には、テンプレートのリストに表示されます。

テンプレートファイルの保存場所については、このページの下の項目をご覧ください。

操作の詳細は動画をご覧ください。

 

 

ファイルの保存場所について

テンプレートのファイルが保存されている場所は、システムオプション(ツールメニュー→システムオプション)の全般タブで指定されています。(デフォルトではマイドキュメントの中のフォルダーです。)この右側の[...]ボタンをクリックすると、この場所を変更できます。


または、新規のドローイングを作成する際に、テンプレートを選択をクリックしてから、参照ボタンをクリックしてフォルダーを指定することにより、任意のフォルダーにあるテンプレートを利用することができます。
一度、この設定を変更してドローイングを作成すると、上記のシステムオプションも変更され、次回からはここで選択したフォルダーが使用されます。

 

戻る

 

タグ: 図面 書式 図枠 枠線 フォーマット 変更 編集