サポート - ソリッドCADによる一般的なモデル作成の手順

Part ModelerをはじめとしたソリッドCADでは、主に下記の手順で3Dモデルを作成します。

 

3Dソリッドモデルの作成

  1. スケッチ - ベースとなる2D輪郭図形の作成

     
  2. ソリッド構築 - スケッチで作成した図形を、押し出したり回転したりしてソリッドボディを作成

     
  3. フィーチャーの追加 - 穴やポケット・ボス、フィレットなどをソリッドボディに追加

     

 

アセンブリの作成

  1. アセンブリを構成する部品となるソリッドモデルを準備する
     
     
  2. 各部品を挿入して、位置関係を決定する

     

 

ドローイング(図面)の作成

  1. 図面の基となる3Dモデルを準備する(3Dモデルから図面を作成する場合)

     
  2. 図面のテンプレート(書式)を開く

     
  3. 3Dモデルの投影ビュー(上面・正面・側面など)を配置する

     
  4. 必要に応じて、拡大図や断面図を挿入する

     
  5. 寸法線や注釈等を記入する

     

戻る