サポート - 拘束を付加する順番のポイント

拘束を付加する際、特に決まった順番はありませんが、目的通りの拘束をかけるポイントとして

1. 距離の大きい箇所から
2. 図面の重要な箇所から
3. 基準に近い位置から
4. 端から中心へ向けて

などがあります。

※形状によって、この順番が前後する場合があります。

 

 

戻る