サポート - 拘束に使用する補助線の作成

1. 補助要素として作成する

作図コマンド(直線、円弧など)をクリックした後、画面上を右クリックで表示されるコンテキストメニューで「補助要素に切り替え」をクリックします。(クリックごとにON/OFFが切り替わります。)

ONの状態で作図される要素は、すべて補助要素として作成されます。

2点鎖線になっていれば、補助要素として作成されています。

 

2. 作成済みの要素を補助要素にする

補助要素にしたい要素の上で右クリック(複数の場合は、選択状態にしておいてから右クリック)

表示されるコンテキストメニューから「補助要素化」をクリックします。

2点鎖線になっていれば、補助要素化されています。

※逆の方法で、補助要素を通用の要素に変更することも可能です。

 

 

戻る