サポート - 3D拘束を使用する

3D拘束を使用して、ソリッドボディ間の位置合わせを簡単に行なうことができます。

アイコン または、一般構築メニュー→拘束から3D拘束の割り当てを選択します。

下記のダイアログが表示されますので、適切な拘束を選択して、必要に応じてパラメータを入力します。

 面一致(逆方向):ソリッドのフェイスを2つ選択して、それぞれが接触する位置関係にします。パラメータにより、フェイス間の距離を設定することも可能です。後から距離を変更することも可能です。距離の設定も可能です。

 面一致(同方向):ソリッドのフェイスを2つ選択して、それぞれが並ぶ位置関係にします。パラメータにより、フェイスを揃える距離を設定することも可能です。後から距離を変更することも可能です。

 垂直:2つのエッジを選択して、それらが直交する方向に合わせます。

 正接:2つのフェイスを選択して、それらが正接の位置関係となるようにします。

 軸一致:2つの円筒フェイスを選択して、それらが同軸の位置となるようにします。

 平行:2つのエッジを選択して、それらが平行する方向に合わせます。

 角度:2つのフェイスを選択して、指定角度の位置関係に合わせます。

アセンブリ内の各コンポーネントは、アセンブリによって位置関係が決定されていますので、アセンブリ内での位置関係に反するような3D拘束は付加することはできません。このような場合、アセンブリを分解してから、3D拘束を追加してください。

これらの動作を動画でもご覧いただけます。

 

関連項目

アセンブリやサブアセンブリを構築する

外部のファイルを使用してアセンブリを構築する

作成したアセンブリを分解する

 

戻る