サポート - 2D to 3D

PartModelerは、『2D to 3D』と呼ばれる、DXF/DWG形式の2Dデータより、簡単な手順でソリッドモデルを作成出来る機能を搭載しています。

①DXF/DWGファイルを開きます。

   

※「ファイルの種類」で【DWG-DXFファイル(*dwg *dxf)】を選択します。

※単位を選択します。

②【新規2D-3Dビュー】をクリックして、3D化に最低限必要なビュー(上面・正面・右面図等)と、ビュー間の位置関係を示す原点(モデル原点ではない)を定義します。

  

※第一角法/第三角法を選択して、ビューのアイコンをクリックした後、該当する2Dのビューを矩形選択します。

※【自動原点設定】にて思うように原点が設定されない場合は、【手動原点設定】に切替えて、任意の箇所に原点を設定して下さい。

③【2D-3Dトレース】をクリックして、3D化する形状(輪郭)をトレースします。(3D化に最低限必要なビュー分のトレースをします)

【自動ループ】:形状の外周輪郭をトレースします。

 

【ステップ・バイ・ステップ】:任意のラインをトレースします。

 

・進む:*のある端点方向へ進む(↑キー)

・切替え:分岐点で進むラインを切替え(←or→キー)

・現在のチェインの端点を切替えます:進む方向を反対側の端点へ切替え

・戻る:反対方向へ戻る(↓キー)

・分岐点でトリム:✔ 一度に分岐点迄しか進まない。

④【自動フィーチャー】をクリックして、3D化を行います。

  

※2Dと3Dの画面の切替えは、【ビューポート整列の切替え】にて可能です。

⑤更に追加する部位がある場合は、③~④を繰り返します。

※ボスの厚みやポケット(穴)の深さが分かっている場合は、③で3D化する輪郭をトレースした後、数値にてそれらを指定する事も可能です。

  

※尚、3Dモデル上で形状を変更した場合、2Dデータにも変更が反映されます。

※2D to 3Dを使用しないで、DXF/DWGをインポートする場合は、【ツール】-【オプション】-【システム】-【トランスレーション】タブ-ドローイング設定:【2D-3Dを使用しない従来のインポートを使用】に✔を入れます。

  

※旋盤モデルの場合は、

を選択して下さい。

 

2D to 3Dの詳細は、動画をご覧下さい。

 

関連項目:

戻る