Part Modeler の主な仕様

このページでは、Part Modelerの主な仕様や機能を一覧形式でご覧いただけます。

対応するファイル形式は、こちらをご覧ください。

 

機能一覧

スケッチ機能

  • 作図機能 - 直線、円弧、円、四角形、三角形、正多角形、点、スプライン、NURBS、円錐曲線(楕円、放物線、双曲線など)、オフセット、フィレット(コーナーR)、チャンファ(面取り)、テキスト入力
  • スケッチ補助機能(端点・中点・水平・垂直などの自動表示)
  • 輪郭(プロファイル)の分析(交点・重複・開いた輪郭)
  • 3Dスケッチ機能(直線・スプライン・螺旋)
  • 3Dモデルのフェイスからのスケッチ平面の自動作成

 

ソリッド構築機能

  • モデリングカーネル - Parasolid
  • フィーチャー作成 - 押し出し、押し出しカット、回転、回転カット、スウィープ、スウィープカット、ロフト、ロフトカット、2フェイスロフト、螺旋溝、浮き彫り、フェイスねじ、表面属性、穴あけ(単純穴・座ぐり穴・面取り穴・複合穴・ねじ穴)
  • フィーチャーのツリー表示
  • モデリング後のフィーチャーの順序の入れ替え
  • ブーリアン演算(和・差・積)
  • ソリッド基本形状 - 直方体、球、円錐、シリンダ、トーラス
  • フィレット・可変Rフィレット・面取り・シェル化(指定した肉厚形状への一括変換・複数厚み)
  • ドラフト(フェイスへの勾配付け)
  • フェイスのオフセット
  • ソリッドボディからのエッジの抽出
  • ソリッドボディやフィーチャーの円配置・格子配置
  • ソリッドボディのミラー
  • ソリッドボディの3Dスケール
  • シートボディの作成
  • サーフェスの作成
  • サーフェスの縫い合わせ
  • サーフェスの厚み付け
  • フェイスの削除
  • フェイスの移動
  • 穴フィーチャー検出・編集

 

パラメトリック機能

  • スケッチの寸法変更
  • フィーチャーの寸法変更(押し出しや回転、カットなど)
  • アセンブリの部品間の寸法変更
  • 寸法パラメータの関係式入力
  • Microsoft Excelシートの割付けによるバリエーション作成

 

アセンブリ機能

  • 面や軸を指定した位置合わせ
  • 部品間の距離のパラメトリック化
  • 部品間の距離の関係式
  • アセンブリのツリー表示
  • アセンブリ状態での部品作成

 

ドローイング機能

  • 3Dソリッドモデルからの2D図面の生成
  • 3Dソリッドモデルからの正面図・側面図などの自動生成
  • 3Dソリッドモデルからの断面図の自動生成
  • 3Dソリッドモデルからの拡大図の自動生成
  • 3Dソリッドモデルからの寸法の自動取得
  • 注釈やバルーンなどの文字列配置
  • 2D図面の独立した図形編集
  • 3D表示モデルの挿入
  • 図面テンプレートの登録・選択

 

その他の機能

  • 3D表示設定 - ワイヤフレーム/シェーディング、陰線表示/非表示/破線表示、パース表示
  • シーケンサーウィンドウによる操作のロールバック、順序の変更
  • ファイルのプレビュー
  • メニュー、ツールバーのカスタマイズ
  • コマンドへのショートカットキーへの割り当て
  • ユーザーインタフェースの設定保存・切替え
  • 寸法計測
  • オブジェクト(外部ファイル等)の挿入
  • マスプロパティ(質量・慣性等の計算)
  • 入力デバイス - マウス、キーボード、3Dモーションデバイス(3Dconnexion社 SpaceBallなど)

 

 

対応するファイル形式

Part Modelerが対応するファイル形式は、下記のとおりです。

  入力 出力
対応ファイル形式

Parasolid (.x_t, .x_b) - 23.0.156まで
STEP - AP203 および AP204
VISI (.wkf) 19 および 20
SolidWorks (.sldprt) - 2010 および 2011
Solid Edge (.par) - ST2 および ST3
IGES
DXF, DWG

ACIS (.sat, .sab) - R21 SP3まで *
CATIA V5 (.CATPart) - R20まで *
NX (.prt) - NX7まで *
Creo Elements/ProEngineer (.prt, .asm) *
Autodesk Inventor *

Parasolid (.x_t, .x_b)
IGES
STL
DXF, DWG

* これらの形式は、Part Modeler 2013 R2から標準となりました。(これ以前は追加モジュールによる対応でした。)