Part Modeler 2015 R1 リリース情報

2015年4月 -  Part Modeler 2015 R1をリリースしました。

Part Modeler 2015 R1には、下記の新機能と各種メンテナンス項目が追加されています。

頂点の一致でオフセットのオプション

2フェースロフトのプロシージャで、頂点の一致にオフセットのオプションを追加し、輪郭上の一致させる頂点を調整できるようになりました。
典型的な例では、複雑な2フェースロフトを作成する際に、予期しないねじれが発生する場合の解決策となります。この新しいオプションにより、必要なロフトが得られるまで、順番に次の頂点に接続を変えていくことができます。

拘束の有効桁数

拘束で表示される小数点以下の桁数を設定するオプションが追加されました。
これはシステムオプションダイアログの単位/グリッドタブにある寸法拘束のパラメータにて変更できます。(ツール>オプション>システム)

座標入力ダイアログ

Part Modelerで、スケッチコマンドが選択された時、キーボードのX、YまたはZを押すことによって、座標入力のダイアログを表示することができるようになりました。

螺旋コマンドの機能拡張

螺旋コマンド(3D構築→3Dワイヤフレーム→螺旋)が機能拡張され、螺旋(ヘリカル)のピッチ設定を明確にしました。下記の設定が導入され、明確化されました。

  • ピッチ比 – 比率としてのピッチ
  • ピッチ  – 螺旋一周の幅(mmまたはinch)

 


戻る