Part Modeler 2014 R2 リリース情報

2014年10月 - Part Modeler 2014 R2をリリースしました。

Part Modeler 2014 R2には、下記の新機能と各種メンテナンス項目が追加されています。

2D-3Dモデリング

2D-3Dモデリングが、Part Modelerに新しく導入され、DXFやDWGなどの2D図形から、3Dソリッドモデルを簡単に作成できるようになりました。

  • はじめからモデリングをするよりも、ずっと速くソリッドモデルを作成できます。
  • 2Dから3Dを作成する時のミスを削減します。
  • 3Dのソリッドモデルにすることにより、視覚的な向上があります。
  • Edgecam内で、数多くのソリッドベースの加工の利点を活かすことができます。

新しいヒーリングオプション

システムオプション→トランスレーションタブに、新しくヒーリングオプションを導入し、STEPとIGESファイルで、ヒーリング、または簡素化とヒーリング(デフォルト)を選択できます。

新しい半径寸法プロパティ

半径寸法のプロパティの一般タブに、新しく引出線を内側にするオプションを導入しました。
半径寸法を作成した時、このオプションにより引出し線が内側に作成され、短い寸法引出線を使用オプションと併用することで、円弧中心まで引出し線を制御できます。

 


戻る